メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

佼成学園が2年ぶり4度目の高校日本一 クリスマスボウル、関西学院に競り勝つ

2020.12.27 11:44 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
決勝のTDパスをキャッチする佼成学園のTE北川大智(87)=撮影:山口雅弘
決勝のTDパスをキャッチする佼成学園のTE北川大智(87)=撮影:山口雅弘

 

 全国高校選手権決勝(クリスマスボウル)は12月26日、神戸市王子スタジアムで行われ、関東地区代表の佼成学園(東京)が、5年ぶり19度目の優勝を目指した関西地区代表の関西学院(兵庫)に19―13で競り勝ち、2年ぶり4度目の高校日本一に輝いた。

 先制したのは関西学院。第1クオーター、QB林孝亮がTE安藤柊太へ10ヤードのTDパスをヒットした。

先制のTDパスをキャッチする関西学院のTE安藤柊太(3)=撮影:山口雅弘
先制のTDパスをキャッチする関西学院のTE安藤柊太(3)=撮影:山口雅弘

 

 佼成学園は第2クオーター開始直後に、短いパスを受けたRB岩井零がエンドゾーンまで持ち込み同点。さらに岩井の3ヤードTDランで加点し、前半を13―6で折り返した。

 

 関西学院は第4クオーター、5分42秒にQB林がWR坂口翼に14ヤードのTDパスを通し、13―13とした。

 このまま引き分け両校優勝かと思われたが、佼成学園は残り試合時間2秒から、QB近田力が試みたへールメリーパスを、TE北川大智がエンドゾーンで相手DBと競り合いながら好捕。44ヤードのTDパスで決着する劇的な幕切れとなった。

へールメリーパスを投げる佼成学園のQB近田力(11)=撮影:山口雅弘
へールメリーパスを投げる佼成学園のQB近田力(11)=撮影:山口雅弘

 

 最優秀ラインマン賞(安藤杯)はOL近藤剣之介(佼成学園)、最優秀バック賞(三隅杯)はRB岩井、敢闘賞はQB林が獲得した。

 

    1Q 2Q 3Q 4Q 合計  

関西学院 6  0  0  7 13

佼成学園 0 13  0  6 19

 

〈佼成学園・小林孝至監督の話〉

 (最後のへールメリーパスは)決まるような気がしていた。生徒はよくやったが、勝負は残酷。関西学院のことを思うと、手放しで喜ぶわけにはいかない。新型コロナウイルスの影響で、いろいろな制約がある中で、大会開催に尽力してくれた関係者には、心から感謝したい。

第2クオーター、パスを受け同点のTDを挙げる佼成学園のRB岩井零(26)=撮影:山口雅弘
第2クオーター、パスを受け同点のTDを挙げる佼成学園のRB岩井零(26)=撮影:山口雅弘

 

 

 

 

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事