メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

関東大学リーグ1部TOP8、BIG8の所属校が記者会見

2020.9.29 16:20 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
リモートによる記者会見で意気込みを語る日大の伊東慧太主将
オンラインによる記者会見で意気込みを語る日大の伊東慧太主将

 

 関東学生アメリカンフットボール連盟は9月29日、オンラインによる記者会見を行い、関東大学リーグ1部上位TOP8と下位BIG8の所属校の指導者と主将らが10月の開幕に向けて抱負を語った。

 

 今シーズンの1部リーグは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でTOP8、BIG8とも8チームを2ブロックに分けてリーグ戦を実施し、両ブロックの同順位が順位決定戦を行う。

 試合は原則無観客で実施するが、各チームの最終戦に限り、チームが許可した100人(学生の家族・親族を想定した2チームで合計200人)の入場が可能となる。

 関東学連は、順位は今季限りのものとし①2021年のリーグ編成には反映しない②自動昇降格はなく、入れ替え戦も実施しない③12月13日の甲子園ボウルは関西学連からの招待という形で、TOP8の優勝チームが出場し2、3位チームを補欠とする―などの方針をあらためて確認した。

今季から中大を率いる須永恭通ヘッドコーチ
今季から中大を率いる須永恭通ヘッドコーチ

 

 また、BIG8の優勝チームが北海道と東北リーグの勝者と対戦する「ホワイトボウル2020」を、今季に限り12月20日に東京・アミノバイタルフィールドで開催することが発表された。北海道、東北両学連からの強い要望を受け実現した。

 BIG8の1位が出場できない場合に備え2、3位を補欠とする。

 

 3シーズンぶりにTOP8に復帰した日大の伊東慧太主将は、今年のチームについて「学生の顔つきに注目してほしい。覚悟は顔に出る。勝つことが、周囲への恩返しだと思っている」と話した。

最終学年を迎えた日大のエースQB林大希
最終学年を迎えた日大のエースQB林大希

 

 TOP8は10月10日にアミノバイタルフィールドで行われる中大―東大、早大―桜美林大で開幕。11日には同フィールドで明大と立教大、法大と日大の伝統校同士が初戦で顔を合わせる。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事