メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

注目されるベテランQBの去就 チャージャーズQBリバースがFAに

2020.2.12 11:38 生沢 浩 いけざわ・ひろし
昨年12月のチーフス戦で、ベンチに向かってシグナルを出すチャージャーズのQBリバース(AP=共同)
昨年12月のチーフス戦で、ベンチに向かってシグナルを出すチャージャーズのQBリバース(AP=共同)

 

 チーフスが50年ぶりに優勝を飾ったスーパーボウルから10日ほどが経過し、早くもオフシーズンの補強が話題に上るようになった。

 

 今年の春は、NFLの顔として活躍したベテランQBたちの去就に注目が集まる。

 

 

 過去16年間チャージャーズの先発QBを務めたフィリップ・リバースが、チームから事実上の戦力外通告を受けてフリーエージェント(FA)となることが決まった。

 

 サンディエゴからロサンゼルスに移転して3年目のシーズンを終えたばかりのチャージャーズは契約満了を迎えたリバースに対し、契約を延長しないことを通達した。

 

 現役続行の意志が固いリバースは、3月18日の新リーグイヤー開始とともにFAとなり、チャージャーズを含む全32チームと自由に入団交渉ができる。

 

 

 リバースと同じ2004年にNFL入りし、彼とのトレードでジャイアンツに入団したイーライ・マニングは、チームとの契約満了を機に現役引退を決意した。

 

 マニングとは違いリバースが現役続行にこだわるのは、まだプレーできるとの自信があるとともに、スーパーボウルへの希望が捨てきれなかったことも理由だろう。

 

 

 リバースは何度もプレーオフに出場しながらこれまでスーパーボウルには縁がない。

 

 同期のマニングやベン・ロスリスバーガー(スティーラーズ)は優勝を2度経験しているだけに、自分もとの思いは強いだろう。

 

 

 プレーオフでリバースの前に立ちはだかったQBの一人がトム・ブレイディだ。

 

 ブレイディもペイトリオッツから契約延長のオファーを受けておらず、このままではリバースと同様にリーグイヤーが切り替わると同時にFAとなる。

 

 

 NFLを代表するパサーとして君臨したドルー・ブリーズ(セインツ)は自らの去就を保留したままだ。

 

 リバースやブレイディと同様に3月18日で契約が満期を迎えるが、こちらはセインツとブリーズの双方が望めば契約延長の可能性が残される。

 

 ただし、ブリーズは引退も選択肢の一つとしており、今後1カ月以内に身の振り方を決めて発表する予定だ。

 

 

 この3人以外にも今年はチームから解雇されてFAとなるベテランQBが多く出る見込みだ。

 

 アンディ・ダルトン(ベンガルズ)、マーカス・マリオタ(タイタンズ)、ジョー・フラッコ(ブロンコス)はシーズン中にポジションを失った。

 

 ニック・フォールズ(ジャガーズ)とキャム・ニュートン(パンサーズ)、アレックス・スミス(レッドスキンズ)は故障欠場中に新たなQBが台頭している(スミスの欠場は2018年から継続中)。

 

 

来シーズン、パンサーズでプレーするか微妙な状況のQBニュートン(AP=共同)
来シーズン、パンサーズでプレーするか微妙な状況のQBニュートン(AP=共同)

 

 

 ミッチェル・トゥルビースキー(ベアーズ)、ジェーミス・ウィンストン(バッカニアーズ)はパフォーマンスが悪く、それぞれのチームが新QB探しに着手したとの情報もある。

 

 

 これらはすべてドラフト上位指名を受けたQBばかりでプライドがあり、あくまでも先発の座への執着は強いだろうが、それが叶えられる選手はむしろ少数だろう。

 

 バックアップの役回りを、甘んじて受けざるを得ないケースもある。いや、もしかするとそれは幸運な方で、高額な年俸が障壁となってどこからも声がかからず、引退に追い込まれるベテランが出てくる可能性すらある。

 

 

 QBの動向は常に注目の的だが、今季は驚くような人事が実現するかもしれない。

 

 NFLのQBを取り巻く環境は、これまでにない激動の時代を迎えようとしている。

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事