メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

オークランドのファンに別れ ラスベガス移転のレイダーズ

2019.12.18 11:26 生沢 浩 いけざわ・ひろし
TDをしてファンに祝福されるレイダーズのWRウィリアムズ(AP=共同)
TDをしてファンに祝福されるレイダーズのWRウィリアムズ(AP=共同)

 

 ラスベガスへの移転が決まっているNFLのレイダーズが、地元であるカリフォルニア州オークランドでの最後の試合を終えた。

 レギュラーシーズンはあと2週を残しているが、いずれもロードでの試合のため、一足早くファンに別れを告げた。

 

 残念ながら結果は13点差のリードをジャガーズ(5勝9敗)にひっくり返されて敗れるというふがいないもので、パス失敗で時間切れを迎えた時にはQBデレク・カーに容赦ないブーイングが浴びせられた。

 

 レイダーズ(6勝8敗)は4連敗で、すでにプレーオフへの望みも絶たれていることもあって、ファンにいい思い出を残して去るということはできなかった。

 

 オークランドのファンは試合当日は朝早くからスタジアム周辺に集まり、「テールゲートパーティー」をしていたようだ。

 

 ラスベガスへの移転が決まったのが2017年の3月だったから、この日までの2年9カ月でチームをどのような気持ちで応援してきたのだろうか。

 

 移転そのものは決まっても、その時期は不明のままの時期が続いた。だから、昨年のホーム最終戦もお別れムードが漂っていた。

 

 しかし、ラスベガスの新スタジアムの建設が間に合わず、オークランドにもう1年残ることになったのだ。

 

 新スタジアムは来年の夏にも正式にオープンする予定で、いよいよ「ラスベガス・レイダーズ」の誕生が秒読みに入る。

 

 レイダーズは1960年にAFLのチームとして誕生した。NFLとAFLの合併後はAFC所属となり、名物オーナーだった故アル・デービス氏の下で「海賊」のニックネームにふさわしい、荒々しいイメージのチームを作り上げた。

 

 1982年にはロサンゼルスに移転したが、1995年には再びオークランドに戻ってきた。オークランドで2回、ロサンゼルスで1回スーパーボウル優勝を達成している。

TDをしてファンに祝福されるレイダーズのWRウィリアムズ(AP=共同)
TDをしてファンに祝福されるレイダーズのWRウィリアムズ(AP=共同)

 

 2015年ごろにロサンゼルスへの再移転の計画も持ち上がったが、NFLによって否決された。

 

 その後、ラムズとチャージャーズがロサンゼルスにフランチャイズを構えるのを横目に、ラスベガスへの転出計画を進めた。

 

 約60年過ごしたカリフォルニア州を離れ、ネバダ州では初のNFLチームとなる。

 

 カジノのイメージが強いラスベガスは近年、プロリーグ招致に力を入れている。

 

 かつてはMLBやNBAの招致に乗り出したが失敗。しかし、2017年にNHLのゴールデンナイツが誕生し、翌年にはWNBAのサンアントニオ・スターズが移転してきてラスベガス・エースとなった。レイダーズの移転は最大の目玉企画だ。

 

 移転に伴い、HCやエースQBを交代させて新たなスタートを切るチームは少なくない。

 

 昨年からチームを率いるジョン・グルーデンHCは、ここまで10勝20敗と不振で、カーも数年前に発揮した肩の強さが鳴りを潜めている。

 

 もっとも、グルーデンHCはマーク・デービス現オーナーのお気に入りで、来年のドラフトでも指名順位はそれほど早くないため、例えばハイズマン・トロフィー受賞のQBジョー・バロー(ルイジアナ州立大)らの獲得は難しい。現体制のまま新天地で戦うのが現実路線かもしれない。

レイダーズのラスベガス移転を惜しむオークランドのファン(AP=共同)
レイダーズのラスベガス移転を惜しむオークランドのファン(AP=共同)

 

 移転先でのファン獲得の最善の方法は強いチームになることだ。

 2002年のスーパーボウル出場以降、一度(2016年)しかプレーオフに出場していないレイダーズには難しい課題と言わざるを得ない。

 

 ラスベガスは歓迎ムード一色だが、レイダーズはそれに応えられるチームを早急に作らなければならない。

 

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事