メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

エースQBブリーズが復帰 控えQBの活躍も見逃せないセインツ

2019.10.30 13:39 生沢 浩 いけざわ・ひろし
フィールド上で笑顔を見せるセインツのQBブリーズ(AP=共同)
フィールド上で笑顔を見せるセインツのQBブリーズ(AP=共同)

 

 右手親指の靱帯損傷で戦列を離れていたNFLセインツのエースQBドルー・ブリーズが、約1カ月半ぶりに戦列に復帰し、三つのTDパスを成功させてカージナルスに31―9で快勝した。

 

 セインツは6連勝で通算成績を7勝1敗とし、NFCではパッカーズとならぶ2位の好成績。1位は無敗の49ers(7勝0敗)だ。

 

 

 ブリーズはトレードマークのロングパスこそ温存したが、ショートパスを中心に79・1%のパス成功率を記録し、完全復活を印象づけた。

 次週はバイウイークのため、さらに1週間の休養をとることができ、プレーオフ進出を懸けた後半戦に万全の状態で臨む。

 

 

 セインツは2009年シーズンにスーパーボウルで初優勝を遂げたが、その後は王座決定戦に届いていない。

 一昨年はプレーオフでNFC準決勝まで進んだが、試合の終了間際に勝ち越しのTDを挙げたものの、最終プレーでバイキングズにまさかの逆転TDパスを許してしまい、涙をのんだ。

 

 

 昨年はラムズとのNFC決勝で、パスインターフェアランスの反則を見逃すという誤審の影響もあってオーバータイムの末に敗退した。それだけに今年にかける意気込みは強い。

 

 ブリーズはもともと故障欠場の少ない選手だ。だから、今季第2週で利き手の親指を負傷して長期の戦列離脱が決定的となったときにはチームに絶望感が漂った。

 

 

 当時は完治まで6~8週間を要すると診断されていたため、復帰は11月になるとみられていた。

 ブリーズを欠くという不慣れな事態に、チームやファンは不安を感じたはずだ。その状況を救った一人が控えQBテディ・ブリッジウオーターだ。

 

 

 ブリッジウオーターは昨年、バックアップQBとして1年契約を結んだが、実質的な試合出場はプレーオフ出場が決まった後の最終週のみだった。今年は1年間の契約延長で残留していた。

 

 そのブリッジウオーターがブリーズ不在の間にTDパス9、被インターセプトはわずか2という安定した活躍で、出場した5試合すべてでチームに勝ち星をもたらした。

 

 これはセインツの首脳陣ですらも期待していなかった「嬉しい誤算」だったに違いない。

カージナルス戦でパスを投げるセインツのQBブリーズ(9)(AP=共同)
カージナルス戦でパスを投げるセインツのQBブリーズ(9)(AP=共同)

 

 

 ブリッジウオーターは2014年のドラフトで1巡(全体の32番目)指名を受けてバイキングズに入団し、スターターとなった。

 

 しかし、2016年のキャンプ中に練習で左膝に重傷を負ってしまう。

 

 コンタクトがなかったにもかかわらずブリッジウオーターは靱帯断裂と膝関節脱臼でその後の1年半を治療とリハビリに費やすことになる。

 

 

 2017年終盤には試合出場を果たすまでに回復したが、当時のバイキングズはケース・キーナムが先発QBとして結果を残しておりブリッジウオーターの居場所はなかった。

 

 シーズン後にフリーエージェント(FA)となったが、選手生命すら危ぶまれた故障を経験した彼を先発に迎えるチームはなく、セインツで控えに甘んじていたのだった。

 

 

 セインツもブリッジウオーターには多くを望んでいなかっただろう。前述の通りブリーズは故障に強く、長期離脱は想定外だったからだ。

 

 しかし、その事態が現実のものとなってしまった今季、ブリッジウオーターは見事にチームを救って見せたのだった。

 

 

 ブリーズの復帰によってふたたびブリッジウオーターは控えに回るが、この5試合で彼の評価は高まった。

 

 来年の3月には再びFAになるが、セインツは慰留を真剣に考えるだろうし、彼を先発候補として契約したいチームが現れる可能性もある。

 

 ブリッジウオーター自身も、まだ一線で活躍できる確信を得たに違いない。

 

 

 エースQBの負傷はチームにとって最大級のピンチだ。それをブリッジウオーターを中心に乗り切ったセインツは、後半戦で最も注目すべきチームの一つとなるだろう。

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事