メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

富士通、パナソニックなどが白星発進 X1スーパーが開幕

2019.8.26 11:33 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
IBMのパスをインターセプトした富士通LB趙(44)
IBMのパスをインターセプトした富士通LB趙(44)

 

 日本社会人Xリーグの最高峰「X1スーパー」は8月24、25日に富士通スタジアム川崎と大阪・万博フィールドで計4試合を行い、4年連続の日本一を目指す富士通をはじめパナソニック、オービック、エレコム神戸が初戦を白星で飾った。

パスをレシーブするパナソニックのWR頓花(左)=撮影:武部真
パスをレシーブするパナソニックのWR頓花(左)=撮影:武部真

 

 IBMと対戦した富士通はQBバードソンからWR中村へのパス、新加入のRBグラントのランなどで着実に加点し55―13で快勝した。

 

 パナソニックはノジマ相模原に24―0で完封勝ち。オービックはオール三菱を48―16で下し、エレコム神戸は東京ガスに21―16で競り勝った。

エレコム神戸RB白神(44)のTDラン=撮影:Gyasan
エレコム神戸RB白神(44)のTDラン=撮影:Gyasan

 

 X1スーパーは8チームによる総当たりのリーグ戦を実施。上位4チームがトーナメントに進出し、12月16日に東京ドームで行われる決勝(ジャパンエックスボウル)の勝者が、来年1月3日の日本選手権(ライスボウル=東京ドーム)で学生ナンバーワンと日本一を争う。

富士通チアリーダーズのハーフタイムショー
富士通チアリーダーズのハーフタイムショー

 

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事