メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

X1スーパーの8チームが記者会見 8月24日に開幕

2019.8.19 15:49 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
記者会見に出席した(左から)富士通・山本洋HC、パナソニック荒木延祥監督、IBMケビン・クラフトHC、ノジマ相模原・須永恭通HC、オービック古庄直樹HC、エレコム神戸・米倉輝監督、東京ガス鮫島靖志監督、オール三菱・林顕HC
記者会見に出席した(左から)富士通・山本洋HC、パナソニック荒木延祥監督、IBMケビン・クラフトHC、ノジマ相模原・須永恭通HC、オービック古庄直樹HC、エレコム神戸・米倉輝監督、東京ガス鮫島靖志監督、オール三菱・林顕HC

 

 8月24日に開幕する、日本社会人Xリーグの最高峰「X1スーパー」で今季の覇権を争う8チームの監督、ヘッドコーチ(HC)が19日、東京都内で記者会見し、リーグ戦に向けた意気込みを語った。

 Xリーグは、2019年度からリーグ戦の方式を変更。昨季の成績上位8チーム(富士通、パナソニック、IBM、ノジマ相模原、オービック、エレコム神戸、東京ガス、オール三菱)による総当たりのリーグ戦を行い、上位4チームによるトーナメントで社会人ナンバーワンを決める。

 第1節のカードは24日が富士通―IBM(富士通スタジアム川崎)、パナソニック―ノジマ相模原(万博フィールド)、25日はオービック―オール三菱(富士通スタジアム川崎)、エレコム神戸―東京ガス(万博スタジアム)。

 

 日本選手権(ライスボウル)3連覇中の富士通を、藤田智前HCから引き継いだ山本洋HCは「初戦から気の抜けない試合が続く。自分自身もHC1年目で、緊張感が続くシーズンになる」と話した。

 

https://xleague.jp/score

 

 

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事