メニュー 閉じる
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

明大が関学大に逆転勝ち 早大と立命大は引き分け

2019.5.20 11:31 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
立命大RB立川(5)が、早大守備陣のタックルをかわしてTD=撮影:Gyasan
立命大RB立川(5)が、早大守備陣のタックルをかわしてTD=撮影:Gyasan

 

 大学の春季交流戦、定期戦は5月18、19日に東京・アミノバイタルフィールドなどで行われ、明大が昨シーズンの学生王者・関学大に27―26で逆転勝ちした。明大が関学大との定期戦で勝ったのは10年ぶり。

 

 明大は21―26で迎えた第4クオーター残り1秒から、QB西本がWR九里へ17ヤードのTDパスを成功させて逆転した(規定によりTFPは実施せず)。

明大―関学大定期戦のコイントス
明大―関学大定期戦のコイントス

 

 立命大と早大と定期戦は10―10で引き分け。関東大学リーグ1部TOP8同士の対戦は、慶大が東大に41―7で快勝した。

 

 日大は、今秋の関東大学リーグ1部BIG8で対戦する桜美林大に42―28で勝ち、BIG8の駒大はTOP8の法大を33―28で破った。

 

 ▽春季交流戦、定期戦の主な試合結果

国士舘大28―10一橋大

明 大27―26関学大

慶 大41―7東 大

駒 大33―28法 大

日 大42―28桜美林大

東海大30―0青学大

立命大10―10早 大

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事