メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

4月25日から3日間開催 NFLドラフト2019

2019.4.24 15:11 生沢 浩 いけざわ・ひろし
プロのスカウトから高い評価を受けている、クレムソン大のDLデクスター・ローレンス(90)(AP=共同)
プロのスカウトから高い評価を受けている、クレムソン大のDLデクスター・ローレンス(90)(AP=共同)

 

 今年のNFLドラフトは現地時間4月25日(日本時間26日)から、3日間の日程でテネシー州ナッシュビルで行われる。

 例年通り初日は第1巡指名のみが行われ、2日目は2、3巡、最終日に4~7巡の指名が発表される。

 

 〝いの一番〟の指名権を持っているのは昨季3勝13敗で最も勝率の低かったカージナルスだ。

 クリフ・キングズベリーという、昨年までヒューストン大学のHCを務めたオフェンスマインドの新HCを迎えた。

 昨年の1巡指名でQBジョシュ・ローゼン(UCLA)を獲得したばかりだが、ハイズマントロフィー受賞QBのカイラー・マレー(オクラホマ大)を指名するのではないかとの憶測もある。

注目のQB、オクラホマ大のカイラー・マレー(AP=共同)
注目のQB、オクラホマ大のカイラー・マレー(AP=共同)

 

 ローゼンは新人QBの当たり年だった昨季のNFLでは成績がパッとせず、チームは低迷してスティーブ・ウィルクスHCはわずか1年で解任された。

 キングズベリー新体制の下で、自らの意思で選ぶQBを欲しがっても不思議ではない。

 もしカージナルスがマレーを獲得したならば、ローゼンは下位ラウンドの指名権を増やす目的でトレードに出される可能性が高い。

 

 一方で今年はディフェンスの選手、特にパスラッシャーに人材がそろっているとの評判で、カージナルスもディフェンダー指名を優先するかもしれない。

 J.J.ワット(テキサンズ)やカリル・マック(ベアーズ)の例を見てもわかるように、有能なパスラッシャーはゲームチェンジャーとなりうる。

 今ドラフトはそんな逸材を獲得するチャンスだ。期待外れに終わった場合のリスクの大きいQB指名よりは安全だと言える。

 

 注目のパスラッシャーはニック・ボサ(オハイオ州立大)、モンテズ・スウェット(ミシシッピー州立大)、ジョシュ・アレン(ケンタッキー大)、クレリン・ファーレル(クレムソン大)だ。

 いずれも大学時代にQBサックを量産した選手で、全員がトップ10以内で指名されてもおかしくない。

 パスラッシャーの不要なチームなどあるはずがなく、1巡でかなりのOLBやDEがNFL入りを決めることになるだろう。

 

 DLではクィネン・ウィリアムズ(アラバマ大)、ラシャン・ゲイリー(ミシガン大)、エド・オリバー(ヒューストン大)、デクスター・ローレンス(クレムソン大)の評価が高い。

 

 例年注目されるQBだが、マレー以外は人材に乏しく、ドウェイン・ハスキンス(オハイオ州立大)、ダニエル・ジョーンズ(デューク大)あたりが1巡指名候補とされる。

ドラフトで上位指名が予想されるデューク大のQBダニエル・ジョーンズ(AP=共同)
ドラフトで上位指名が予想されるデューク大のQBダニエル・ジョーンズ(AP=共同)

 

 レイダーズは第1巡で三つの指名権を持つ。これは昨年、前述のマックをベアーズに、WRアマリ・クーパーをカウボーイズにトレードしたからだ。

 1チームが三つの1巡指名権を持つのは異例で、思い切ったドラフト戦術が使える。

 ディフェンスの人材に複数の指名権を使ってもいいし、弱点とされるOLの補強を進めることもできるだろう。

 もしくは指名権を他チームに譲渡する代わりに2~4巡あたりの指名権を増やし、より多くの人材を確保するという作戦もあるだろう。

 

 ほかにはジャイアンツとパッカーズが1巡指名権をそれぞれ二つ保持しており、逆にブラウンズ、カウボーイズ、ベアーズ、セインツは2巡目まで指名権がない。

 ドラフト当日のトレードも醍醐味の一つだ。指名権や人的補償でさまざまな駆け引きが繰り広げられる。

 HCやGMには短時間での素早い判断と対応、思い切った決断が要求される。頭脳戦の要素がふんだんに盛り込まれた3日間になる。

プロでの活躍が期待される、オハイオ州立大のQBドウェイン・ハスキンス(AP=共同)
プロでの活躍が期待される、オハイオ州立大のQBドウェイン・ハスキンス(AP=共同)

 

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事