メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

相次ぐビッグネームの移籍 シーズンオフも動き続けるNFL

2019.3.12 12:49 生沢 浩 いけざわ・ひろし
スティーラーズからレイダーズに移籍するWRアントニオ・ブラウン(AP=共同)
スティーラーズからレイダーズに移籍するWRアントニオ・ブラウン(AP=共同)

 

 NFLはアメリカ東部時間の3月13日午後4時(日本時間14日午前6時)をもって、2019年度のリーグイヤーに切り替わる。

 

 それは同時にトレードや2018年度終了と同時に契約の満期を迎えてフリーエージェント(FA)となる選手との契約の解禁も意味する。この時刻をもって正式な契約締結が可能となるのだ。

 

 

 とはいえ、水面下ではすでにさまざまな交渉が行われている。

 

 チームとの確執が原因でスティーラーズからの退団が決定的なWRアントニオ・ブラウンはレイダーズにトレードされる見込みだ。

 

 交換条件は今年のドラフトの3、5巡指名権だとされる。ビルズがスティーラーズと交渉をしているとの情報もあったが、条件面で折り合いがつかなかったようだ。

 

 すでにレイダーズとブラウンの間では、トレード成立後に新たな契約が結ばれることになっている。

 

 レイダーズは昨年もスティーラーズからWRマータビアス・ブライアントをトレードで譲り受けている。ジョン・グルーデンHCのチーム改変がこれでまた一歩進むことになる。

 

 

 昨季終盤にレーベンズで鮮烈なデビューを飾ったQBラマー・ジャクソンに押し出される形で戦力外通告を受けたジョー・フラッコは、ブロンコス入りが濃厚だ。

 

 2015年シーズンを最後に引退したペイトン・マニング以降フランチャイズQB不在に悩んでいるブロンコスはスーパーボウルMVPも経験したフラッコにチーム再建を託す。

 

 ドラフトによる育成ではなく、ベテラン選手の獲得に頼るところが即時の結果を求めるジョン・エルウェーGMらしいやり方だ。

 

 

 そのあおりを受けるのが昨年入団したばかりのケース・キーナムだ。すでにレッドスキンズへトレードされることが決定的だ。

 

 2017年にバイキングズで活躍したキーナムだが、ブロンコスでは結果を残せなかった。気の短いエルウェー氏にセカンドチャンスを与えられることはなかった。

 

 エルウェー氏が外部にQBの人材を求めるのはマニング、キーナムに続きフラッコで3例目となる。

 

 

 レッドスキンズは昨年チーフスとのトレードで獲得したQBアレックス・スミスが第11週に脚を骨折した。

 

 重度の骨折のため、新シーズンも復帰できない可能性があり、スミスに代わるQBを必要としていた。

 

 スミスについては将来の戦力構想に含まれるかどうかは未知数で、レッドスキンズは今年のドラフトで新人を発掘するという選択肢もある。

 

 いずれにせよ、新シーズンはキーナムで乗り切るというのが現状のプランのようだ。

 

 

 控えQBながらイーグルスを一昨年のスーパーボウル優勝に導き、自身もMVPに輝いたニック・フォールズはジャガーズへの入団が噂される。

 

 これが実現すれば昨季の先発ブレイク・ボートルズの去就が気になる。

ジャガーズへの移籍が噂されるイーグルスのQBニック・フォールズ(AP=共同)
ジャガーズへの移籍が噂されるイーグルスのQBニック・フォールズ(AP=共同)

 先発争いのチャンスを与えられればいいが、控えに自動降格となったり、リリースされて職を失ったりする可能性も否定できない。

 

 

 そのほか、ブラウンズはOGケビン・ザイトラーをジャイアンツにトレードし、代わりにDEオリビエ・バーノンを譲り受けることで合意に達したようだ。

 

 これら一連の動きは、新リーグイヤーの開始とともに正式なものとして次々に発表されることになる。

 

 オフシーズン序盤からビッグネームの移籍が相次ぐ。ゲームこそ行われていないが、NFLはシーズンオフも休むことなく動き続けている。

 

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事