×
メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

オーパーツ福岡SUNSがX1昇格 創部2年目、九州のチームとしては初

2018.12.3 15:10 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
胴上げされるオーパーツ福岡の吉野至代表=撮影:武部真
胴上げされるオーパーツ福岡の吉野至代表=撮影:武部真

 

 社会人Xリーグ2部(X2)の西地区を制したオーパーツ福岡SUNSと1部(X1)西地区最下位のサイドワインダーズとの入れ替え戦が12月2日、神戸市王子スタジアムで行われ、オーパーツ福岡が22―7で勝ち、創部2年目で九州のチームとしては初のX1昇格を決めた。

オーパーツ福岡のQB前田寛二選手=撮影:武部真
オーパーツ福岡のQB前田寛二選手=撮影:武部真

 この試合は、オーパーツ福岡のQB前田寛二選手(立命大OB)とサイドワインダーズのQB前田龍二選手(関学大OB)の「双子の兄弟対決」としても注目された。

 

 オーパーツ福岡は「九州の大学を強化するためには、地元に強い社会人チームが必要」という理念を掲げる、オーパーツ福岡の代表兼選手で、関西大時代に学生日本一を経験した吉野至・西南学院大監督(30)を中心に結成した。

 九州での社会人チームの強化は、吉野氏の考えに賛同し昨年1月に亡くなった西南学院大の桑原直樹前監督(享年57)の遺志でもあった。

サイドワインダーズのQB前田龍二選手=撮影:武部真
サイドワインダーズのQB前田龍二選手=撮影:武部真

 

 Xリーグは来シーズンから新リーグ戦方式を採用する。

 今季のジャパンエックスボウル・トーナメントに出場した8チームで構成する「X1スーパー」をトップグループとし下部リーグに東、中、西の3地区の各4チームの計12チームからなる「X1エリア」を新たに設ける。

 オーパーツ福岡はX1エリアの西地区に所属する。

 学生ナンバーワンと日本一を争う日本選手権(ライスボウル)には、X1スーパーのチームだけに出場のチャンスがある。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事