メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

関東は佼成学園、関西は立命館宇治 高校日本一懸け「クリスマスボウル」で対戦

2018.11.26 11:20 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
3年連続の高校日本一を目指す佼成学園=撮影:seesway
3年連続の高校日本一を目指す佼成学園=撮影:seesway

 

自らのランで3TDを挙げ勝利に貢献した、佼成学園のQB山崎=撮影:seesway
自らのランで3TDを挙げ勝利に貢献した、佼成学園のQB山崎=撮影:seesway

 全国高校選手権は11月23日、東京・駒沢第二球技場と神戸市王子スタジアムで関東地区、関西地区の決勝を行い、関東は佼成学園(東京1位)が3年連続3度目、関西は立命館宇治(京都1位)が5年ぶり3度目の優勝を果たした。

 両校は12月24日に大阪・ヤンマーフィールド長居で開催される「クリスマスボウル」で、高校日本一を懸けて対戦する。

5年ぶりに関西地区を制した立命館宇治=撮影:山口雅弘
5年ぶりに関西地区を制した立命館宇治=撮影:山口雅弘

 

 クリスマスボウル3連覇を目指す佼成学園は、第1クオーター5分21秒に慶応(神奈川1位)にFGで3点を先制されたが、4分後にQB山崎の5ヤードTDランで逆転した。

 その後も山崎のランとWR高野からWR目黒へのTDパスで加点、守備陣も相手の攻撃を封じ25―3で快勝した。

 

最後まで勝利への意欲を見せた赤いジャージーの箕面自由学園=撮影=Gyasan
最後まで勝利への意欲を見せた赤いジャージーの箕面自由学園=撮影=Gyasan

 立命館宇治は、今季好調の箕面自由学園(大阪1位)を相手に、最初の攻撃シリーズでTDを挙げて試合の流れをつかんだ。守備陣が3インターセプトを記録するなど攻守の安定感で上回り18―13で競り勝った。

 

 【全国高校選手権】

 ▽関東地区決勝(11月23日・駒沢第二球技場)

     1Q 2Q 3Q 4Q 合計

慶  応  3  0  0  0  3

佼成学園  7  6  6  6 25

 ▽関西地区決勝(11月23日・神戸市王子スタジアム)

       1Q 2Q 3Q 4Q 合計

箕面自由学園  7  0  0  6 13

立命館宇治   7  6  3  2 18

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事