メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

成績不振で解任 ブラウンズのヒュー・ジャクソンHC

2018.10.30 14:56 生沢 浩 いけざわ・ひろし
解任されたブラウンズのウィリアムズHC(左)(AP=共同)
解任されたブラウンズのジャクソンHC(左)(AP=共同)

 

 NFLは第8週を終えレギュラーシーズンの折り返し地点を迎えたが、早くもヘッドコーチ(HC)解任〝第1号〟が誕生した。

 

 ブラウンズのヒュー・ジャクソン氏だ。グレグ・ウィリアムズ守備コーディネーターが代行を務める。

 

 

 ジャクソン氏は2016年にHCに就任した。1年目は1勝しかできず、昨年は史上2例目となる16戦全敗を経験した。

 

 それでも継続して今季の指揮官を任されたのはドラフト全体1位で指名したQBベイカー・メイフィールドを育成する目的があったからだ。

 

 

 ジャクソン氏はこれまでレイダーズやベンガルズでHCまたはオフェンスコーチとして若いQBを育成してきた実績がある。

 

 しかし、今季はここまで2勝5敗1分け、2年半で3勝36敗1分けという戦績は気の短いジミー・ハズラム・オーナーを納得させるには程遠いものだったようだ。

 

 

 新人QBに加え、レシーバー陣にも3人のルーキーを起用しなければいけない苦しい台所事情ではあったが、ブラウンズのオフェンスは低迷した。

 

 スティーラーズから迎えたトッド・ヘイリー攻撃コーディネーターの構築するゲームプランは、若手中心のオフェンスには実行するのが難しすぎた。

 

 

 前週のバッカニアーズ戦に敗れた後には、ジャクソン氏自らがオフェンスのテコ入れに介入すると宣言したが、第8週のスティーラーズ戦でも成果は表れず、ヘイリー氏ともども解任の憂き目を見た。

 

 これでブラウンズはロードゲーム25連敗となり、ライオンズの持つNFLワースト記録まであと一つとなってしまった。

 

 

 ハズラム氏はスティーラーズに敗れることを何より嫌う。チーム同士がAFCで最古のライバル関係にあるだけでなく、ハズラム氏自身も2012年にチームを買収するまではスティーラーズのオーナーの一人だったからだ。

 

 スティーラーズに匹敵するチームを作るとまで宣言してオーナーシップを獲得したハズラム氏にとって「古巣」との対戦は特別な思いがあるのだ。

ブラウンズのHC代行を務めるウィリアムズ守備コーディネーター(AP=共同)
ブラウンズのHC代行を務めるウィリアムズ守備コーディネーター(AP=共同)

 

 

 ウィリアムズHC代行はビルズでHCの経験があるが、ほとんどは守備コーディネーターとしていろんなチームを渡り歩いてきた。

 

 2009年にはセインツのスーパーボウル優勝に貢献した。しかし、その後ディフェンス選手が相手にけがをさせるプレーに報奨金を払うシステムを導入していたことが発覚し、12年にNFLから1年間の出場停止分を受けた。

 

 翌年にタイタンズで復帰を果たし、ラムズを経て昨年からブラウンズのディフェンスを担当している。

 

 

 ウィリアムズHC代行の当面の目標は一つでも多く勝ち星を重ねることだ。

 

 近年のドラフトで獲得したDEマイルズ・ギャレットやTEデービッド・ナージョークなど能力が高い選手もそろいつつあり、チームのポテンシャルは低くない。そのポテンシャルをうまく引き出せるかが鍵だ。

 

 

 そして、メイフィールドの育成も重要だ。本来ならば新人QBを育成するプロセスの中でHC交代は望ましくない。

 

 HC交代はしばしばオフェンスのシステム変更も伴うからだ。ブラウンズの場合は攻撃コーディネーターまで不在になったのだから、状況はさらに悪いと言わざるを得ない。

 

 

 今後はケン・ザンピージーQBコーチもしくはアル・サンダース・オフェンスアシスタントコーチがメイフィールドの育成に携わることになる。

 

 

 最近のNFLでは1年目から出場した新人QBが2年目に大きく成長する例が多い。

 

 メイフィールドをその前例に導くためには、残りの8試合はとても重要な意味を持つことになる。

チーム浮沈の鍵を握る新人QBメイフィールド(AP=共同)
チーム浮沈の鍵を握る新人QBメイフィールド(AP=共同)

 

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事