メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

「こないなったらエエのにな!」 ニッポンフットボールに提案です

2013.10.4 14:44 中村 多聞 なかむら・たもん
カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)出身のIBMのQBクラフト=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場
カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)出身のIBMのQBクラフト=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場

 あんな殴り合いまくりまくりの試合なかなかないよイマドキ。楽しまれへんかった観客いてたんかな? いやー面白かった! 途中で売店(注1)行かれへんかったもんね。

 で、なんの事かいうたら、次のステージへ進むためにシーズンオフもオンもあらゆる手を尽くしているけど既に1敗して後がないビッグブルー(注2)。対するは今年4年連続日本一を目指す最強王者シーガルズ(注3)。

 穴がない王者の攻守蹴に対し、カリフォルニアQB(注4)がどう闘うのか。僕が所属していた時のチャレンジャーズをライスボウル優勝に導いた主軸選手ら(注5)が10年以上経ってコーチとなり、何をやってくれるのか? どんな風に闘うのか?! とても興味深い対戦なので貴重な休日を使って観戦に行きました。

ゲームの流れはこうです。

・1Qは6−0で普通にシーガルズ優勢

・2Qには交互に3度の逆転後に同点で折り返し

・3Qにも交互に逆転逆転の繰り返し

・4Q最後の最後に王者が逆転サヨナラ

47NEWS

 シーガルズはそれほどいろんな事をやっていない上に、日本の歴史でも最高のQBである菅原選手(注6)がなぜか出場していないという、とてつもない量のマージンを残しての勝利。そして観客席では「なんで菅原出てないねん?」「怪我か?」「調子悪いんか?」「いやきっと龍村(注7)の調子が上向きなんやで」「練習サボってコーチを怒らしたんちゃうか?」「お腹痛いんやで」などと、ビッグブルー側スタンドでは色んな憶測が飛び交う中、スター菅原選手はベンチからのブロックサイン係とホルダー(注8)への出場だけにとどまっていました。僕は「ナマ菅原」をみたかったのにちょっと残念でした。

ほんでまあ、ココからが本題やね。この試合で僕が気になった事。

・ DLジャクソン(注9)が何度もカリフォルニアQBを追いかけ回していた

・ カリフォルニアQBがまだまだ力を余している(注10)

・ キックオフでシーガルズがリターナーのひとりを徹底的に避けた(注11)

・ それなら「意地でも取りに行ったろけ!」という気概が避けられた方のリターナーになかった(注12)

・ 4本もTDしたWR木下ノリ(注13)の動きは格が違い過ぎる

・ 両チームの若くてデッカイRBら(注14)が試合を支配していない

・ RBが勝負所でゲームブレークできなかった

・ スターQB菅原選手が出ていないのにシーガルズが点を取れるという

・ 会場近くにシーガルズが「会場はアチラ」とう立て看板をいくつか設置していた(注15)

・ ビッグブルーのユニフォームがシブ過ぎる(注16)

・ 現場で観戦したニッポンフットボールでは過去最高に楽しかった

・ 場内放送とチアのマイクが被る(注17)

・ 会場に大きなビジョンがないのでリプレーが見られない

・ こんなええ試合やのにテレビ放送がない(注18)意味がわからん

・ しかし何しろ面白かった

 ポストシーズンでも、これほど見ていて面白い試合は滅多にないと思います。強豪同士の試合は独自の特別短縮12分クオーターではなく、正式な15分クオーター(注19)でやってほしいと思いました。15分ならどうなってたんやろ? とワクワクします。で、最近の数試合を見ていてとても不満に感じた事がいくつかありましたので「こないなったらエエのになリスト」を作ってみました。

【こないなったらエエのになリスト】

・ 30点差以上付いたら勝った方が観客の入場料を賠償(注20)する

・ 30点差以上で負けたチームは自動降格(注21)

・ 30点差以上付きそうな試合は両チームの話し合いで試合時間の短縮を可能にして点差が開かないように調整し、なおかつ入場料を無料にする

・ 強豪同士の試合はキチンと15分クオーターで行なう

・ 変なプレーオフ制度やめてリーグ戦で違うDivisionのチームとも試合(注22)して勝率1位と2位でXボウル

・ 盛り上がってない観客(注23)は強制的に帰らされる

・ 逆転のタッチダウンに限ってオーバーセレブレーション(注24)を許可し、オモシロセレブレーションしたらもう1点追加(注25)

・ ビールや食べ物を売り歩く係(注26)を必ず配置する

・ 外国人枠とか元プロ禁止とかの妙なルール(注27)廃止

・ 強豪ライバル対決では熟練のトップ審判だけでドリームチームを結成してもらい、入場収入から何割かのギャラを受け取って「ボランティア(注28)だから」という言い訳をさせずプロフェッショナルとして国内最高のジャッジをする

・ 負けたチームの選手、スタッフは試合後会場内で笑っているトコロ(注29)を誰にも見られてはならない

・ ぼろ負けしてきたら白旗あげて降参出来る

・ コールド制(注30)導入

 入場料取って催す興行ならば観客を楽しませる工夫をしてくれないとアカンと思います。ソコソコええ試合ならまだ許せるけど、広場みたいな会場でスタンドもロクになく試合もカスみたいな内容なら入場無料か無観客でやってください。見せてやっているというスタンスが腹立ちます。どうも僕は最初から結果のわかっている試合が嫌いなようですね。ちょっと長かったけど今回はここまで。ありがとうございましたー!

(注1)かき氷100円!良心的過ぎる売店でした!

(注2)IBMビッグブルー。シーガルズには過去1度も勝利がない

(注3)日本選手権優勝6回、現在は3連覇中の泣く子も黙る過去最強の社会人チーム

(注4)本場アメリカUCLA出身のNCAA経験者、ケビン・クラフト

(注5)ヘッドコーチに関学大出身の山田氏、コーチに京大出身の上田氏と立命大出身の昌原氏

(注6)日本選手権最優秀選手連続受賞者でありニッポンのエースQB

(注7)2005年度シーガルズパーフェクトシーズンのシンデレラボーイ

(注8)キック蹴る人のためにボールを立てる係

(注9)猛烈な能力でニッポンのフットボールに喝を入れてくれた人

(注10)緊急事態に彼がイメージする動きを周りが理解していない。そうじゃないねん、もうちょっとコッチにいてほしいねんみたいな感じ

(注11)高校野球で松井を敬遠しまくったの同じ感じやけどあんまり注目されなかった

(注12)飛んで来ないならブロッカーとして突っ込んで相手にアオテン食らわしたろか、という気迫もなかった

(注13)立命大からNFLアトランタ・ファルコンズ入りした日本最高のレシーバー

(注14)僕は肝心な所でドカンと進むランニングバックが好きなのです

(注15)ホームゲームとはいえそんなとこまで気が回るんかな、余力がある組織です

(注16)シブ過ぎて観客席はシビレまくってました

(注17)マイクでしゃべんなっちゅうねん

(注18)以前はシンキくさい100点差の試合でもCSが全試合放送していたのに今やボウルゲームだけとは情けない

(注19)短縮12分計時は悪です。アメリカ人が長年かけて完璧に計算したルールを冒瀆する行為。60分の試合時間が48分で良いワケがない。どうにかしてくれ

(注20)同じレベル同士の試合で30点も差がつくなどというしょうもない試合で見料を取るとはどういう理屈か

(注21)1部リーグのチームは2部へ。2部リーグのチームは3部へ。過去のライズみたいなのが来たら全員降格なっちゃうね

(注22)今年から導入のSUPER9の9チームプラス3チームの12チームでリーグ戦

(注23)スカウティング用のビデオ撮るヤツとかエエ場所取っててジャマやねん!

そろそろ専門のプロ雇って全チームで共有するべきやね

(注24)アドレナリン吹き出しまくりの筋肉隆々でどう猛な男達がプライドをかけて闘っている時に、作戦がうまくいった事を派手に祝って何が悪いか。スポーツマンらしくない行為って? スポーツマンやからこそ起こる事やがな。もうちょっと何とかせんと

(注25)スタジアムDJの独断で決める

(注26)素晴しい試合こそ途中で立ち上がれないしハーフタイムのトイレ渋滞で何も買えないのでとても困る

(注27)プロとわずかでも契約した経験があるとダメらしい

(注28)交通費しかもらってないそうなので賃上げせんとね

(注29)ボロ負けしてヘラヘラ笑ってる写真をフェイスブックに載せんな

(注30)ルールで決めてくれないとつまらない試合でも帰りにくい。休日は短いねんから

オービック―IBMの得点経過(黄色は逆転)=中村多聞さん作成
オービック―IBMの得点経過(黄色は逆転)=中村多聞さん作成

圧巻のパフォーマンスを披露したオービックのWR木下典=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場
圧巻のパフォーマンスを披露したオービックのWR木下典=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場

アサヒ飲料などでLBとして活躍したIBMの山田HC=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場
アサヒ飲料などでLBとして活躍したIBMの山田HC=撮影:Yosei Kozano、9月29日、秋津サッカー場

オフェンスのハドルで終始チームメートに指示を出していたオービックのQB菅原=9月29日、秋津サッカー場
オフェンスのハドルで終始チームメートに指示を出していたオービックのQB菅原=9月29日、秋津サッカー場

オービックが設置した新習志野駅から秋津サッカー場への道案内の看板=写真提供:オービックシーガルズ
オービックが設置した新習志野駅から秋津サッカー場への道案内の看板=写真提供:オービックシーガルズ

習志野市で開催されたオービックの初のホームゲームに集まった2342人の観衆=9月29日、秋津サッカー場
習志野市で開催されたオービックの初のホームゲームに集まった2342人の観衆=9月29日、秋津サッカー場
中村 多聞 なかむら・たもん

名前 :中村 多聞 なかむら・たもん

プロフィール:1969年生まれ。幼少期からNFLプレーヤーになることを夢見てアメリカンフットボールを始め、NFLヨーロッパに参戦しワールドボウル優勝を経験。日本ではパワフルな走りを生かして、アサヒ飲料チャレンジャーズの社会人2連覇の原動力となる。2000年シーズンの日本選手権(ライスボウル)では最優秀 選手賞を獲得した。河川敷、大学3部リーグからNFLまで、全てのレベルでプレーした日本でただ一人の選手。現在は東京・西麻布にあるハンバーガーショップ「ゴリゴリバーガー」の代表者。

最新記事