メニュー 閉じる
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

「テールゲートパーティー」、それはNFLのもう一つの楽しみ方

2017.7.12 13:04 小池絵未 こいけ・えみ
NFLチアリーダー時代の小池さん=写真提供・小池絵未さん
NFLチアリーダー時代の小池さん=写真提供・小池絵未さん

 こんにちは! 元ニューヨーク・ジェッツのチアリーダーで、NFL現地リポーターの小池絵未です。

 ご存知の方も多いと思いますが、アメリカでのNFL人気は他のプロスポーツを押しのけてナンバーワンなんです。その魅力は華やかさと迫力、そして高い戦略性にあるんですね。

 NFLはアメリカ人の生活の一部になっていて、普段の会社での会話やご近所さんとの会話のきっかけにもよくなるんです。

 特に、シーズンが始まる9月からは、NFLに合わせて仕事や旅行を調整している人がたくさんいます。

 どこか違う街に飛行機に乗って友達と試合を見に行き、ついでに観光をしてくるということを計画している人が多いんです。

 私はこの4年間で、NFLの32チームすべてのスタジアムを回って取材をしてきました。

 その中で、一番日本にはなくて、独特の文化だなと感じるのはアメリカンフットボールならではの「テールゲートパーティー」でしょう。

 みなさん、テールゲートパーティーって何だと思いますか?

 テールゲートは、スタジアムの駐車場で試合の数時間前に 車やトラックの後ろのテールゲートを開けて、ビールを飲んだり、バーベキューをしたりキャッチボールをしたり、音楽をかけて仲間達とワイワイ過ごすパーティーなんです。

 そのテールゲートパーティーも年々規模が大きくなっていて、大きなテレビを車に積んでパーティーバスのようなギラギラした車でテールゲートをしたり、ロブスターを焼いたり、誰が一番〝クール〟なテールゲートをやっているかを競っている感じもします。

 シーズン中の毎週日曜日は、試合が午後1時開始の場合、4時間前の朝9時頃からすでに場所取りをして、ビールを飲んで、バーベキューの火をおこし始めています。

 私がチアリーダー時代に、試合前に早くスタジアム入りすると すでにスタジアムに人がたくさんいて贔屓チームのジャージーを着て、ビールを飲んでいる人たちがいたのを思い出します。

 テールゲートをしてビールを飲んで、チームの調子などを話して、気分は最高潮に達します。

 でも面白いのは、試合を見ないでテールゲートだけしに来ている人もたくさんいることです。だからよくインターネットのチケットサイトには、駐車場のみのチケットも販売しているんですよ。

 取材していて、テールゲートパーティーの盛り上がりがすごいなと印象に残っているのは、やはりパッカーズの本拠地グリーンベイですね。

 グリーンベイは、ウィスコンシン州にある小さい街で、人口は約10万人です。試合の日は、グリーンベイの街全体が「アメフトタウン」になるので、街がチームカラーの緑と黄色の2色に染まり、カーニバルのようなにぎわいになります。

 スポーツバーも踊るステージもあるし、ロディオもあるし、ゴーゴーガールも踊るし、パッカーズグッズ屋さんのテントがずらっとスタジアムの周りに並ぶので、パッカーズグッズを来ていないと逆に浮いてしまいます。

 テールゲートパーティーをやっている駐車場を歩くと、パッカーズのグッズを身にまとっていれば、みんながフレンドリーにハイタッチをしてくれて、お酒をくれたりホットドッグやハンバーガーやブラウニーを「食べないか?」と聞いてくれます。

 同じチームのファン同士ならすぐに打ち解けてくれるんです。

 ニューヨークのような大きな街には「ジャイアンツ」と「ジェッツ」の2チームがあります。

 スタジアムは共有で「メットライフスタジアム」という、ニュージャージー州にあるスタジアムで試合をします。

 ニューヨークのアメフトファンは、それぞれ好みがあるようです。ジャイアンツが好きな人はMLBはヤンキース、NBAはニックス、NHLはレンジャーズ派です。マンハッタンに住んでいる人が多い、ウォール街のイメージですね。

 でも、実際にスタジアムに入って、ジャイアンツファンに混じると全然そうではなくて、いわゆるブルーカラーの人たちもたくさんいます。

 ジェッツを応援している人たちはNBAはネッツ、MLBはメッツ、NHLはアイランダーズ派が比較的多いですね。

 ジェッツファンは、ブルックリンやクイーンズ、ニュージャージーに多いように感じますし、労働者階級の人たちにファンが多いようです。

 東京でいうと、巨人がジャイアンツでヤクルトがジェッツといったところでしょうか。

 さて、今年も8月にはNFLのプレシーズンゲームが始まります。アメリカのファンは、試合が待ちきれないと思いますが、テールゲートパーティーの方が待ちきれないファンもきっとたくさんいるはずです! 

 このコラムでは、NFLの魅力や楽しさを、ファンの皆さんにお伝えできればと思っています。よろしくお願いします!

 小池絵未(こいけ・えみ)プロフィル

 元NFLニューヨーク・ジェッツのチアリーダー。現在はスポーツ番組のリポーターとして活動している。NFL、NBA、NHLの米国プロスポーツリーグでチアリーダーに選出されたのは、日本人では初めて。ニューヨーク在住で、日本テレビの「NFL倶楽部」の現地リポーターを務めている。スポーツリポーターとして、NFLだけでなくNBA、MLBの取材にも携わっている。日本では、外務省国際機関センターのアンバサダーとしても活動中。東京都出身。

テールゲートパーティーでハンバーガーの肉などを焼くファン=写真提供・小池絵未さん
テールゲートパーティーでハンバーガーの肉などを焼くファン=写真提供・小池絵未さん

シーホークスのファンの番号「12」をあしらったバスの前で記念撮影する小池さん=写真提供・小池絵未さん
シーホークスのファンの番号「12」をあしらったバスの前で記念撮影する小池さん=写真提供・小池絵未さん

パッカーズの本拠地グリーベイでの試合前の風景=写真提供・小池絵未さん
パッカーズの本拠地グリーベイでの試合前の風景=写真提供・小池絵未さん

スーパーボウルを取材した小池さん=写真提供・小池絵未さん
スーパーボウルを取材した小池さん=写真提供・小池絵未さん

スーパーボウルのリポーターを務めた小池さん=写真提供・小池絵未さん
スーパーボウルのリポーターを務めた小池さん=写真提供・小池絵未さん
小池絵未 こいけ・えみ

名前 :小池絵未 こいけ・えみ

プロフィール:元NFLニューヨーク・ジェッツのチアリーダー。現在はスポーツ番組のリポーターとして活動している。NFL、NBA、NHLの米国プロスポーツリーグでチアリーダーに選出されたのは、日本人では初めて。ニューヨーク在住で、日本テレビの「NFL倶楽部」の現地リポーターを務めている。スポーツリポーター として、NFLだけでなくNBA、MLBの取材にも携わっている。日本では、外務省国際機関センターのアンバサダーとしても活動中。東京都出身。

最新記事