メニュー 閉じる

47News

スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

関学大、京大破り3連勝 立命大は甲南大に完封勝ち 関西学生リーグ 

2017.9.25 13:45
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
第2クオーター、関学大RB高松(28番)の先制TDラン。44番は京大LB山口=撮影:山口雅弘
第2クオーター、関学大RB高松(28番)の先制TDラン。44番は京大LB山口=撮影:山口雅弘

 学生リーグは9月22日から24日にかけて各地で行われ、関西は学生王者・関学大が京大に31―10で快勝し3連勝とした。京大は2勝1敗。

 関学大は、第2クオーター開始早々にRB高松の6ヤードTDランで先制。その後もQB西野、RB山口らがランでロングゲインを重ね点差を広げた。

 京大はランプレーをわずか1ヤードに抑え込まれ、QB田中のパスも不発。オフェンスが機能せず、2004年以来、13シーズンぶりの関学大戦勝利はならなかった。

 立命大は甲南大を49―0と完封し3連勝。開幕戦で京大に敗れた関大は同志社大を35―7で下し、2勝目を挙げた。

 関東1部BIG8は東大、国士舘大、駒大、横国大が2連勝。1部BIG8初昇格の桜美林大は、延長タイブレークの末横国大に敗れ2敗目を喫した。

 中四国はファーストステージのリーグ戦を終了。10月7日から始まるセカンドステージ・トーナメント1回戦の組み合わせは、1位島根大―4位愛媛大、2位広島大―3位高知大となった。

 ▽東北(9月23日・紫波運動公園陸上競技場)

秋田大10―6仙台大

1勝2敗   3敗

東北学院大41―6岩手大

2勝       1勝1敗

 ▽関東1部BIG8(9月23、24日・アミノバイタルフィールド)

国士舘大36―7一橋大

2勝      2敗

東 大24―14東海大

2勝      2敗

駒 大14―14東学大

2勝      2敗

(延長タイブレークの結果13―7で駒大の勝利)

横国大24―24桜美林大

2勝      2敗

(延長タイブレークの結果3―0で横国大の勝利)

 ▽関西(9月22~24日・西京極陸上競技場ほか)

関学大31―10京 大

3勝      2勝1敗

龍谷大16―7桃山学院大

2勝1敗   3敗

関 大35―7同志社大

2勝1敗   3敗

立命大49―0甲南大

3勝     3敗

 ▽中四国(9月24日・広島広域公園第二球技場)

高知大42―7愛媛大

島根大35―21広島大

 〈ファーストステージ順位〉①島根大3勝②広島大2勝1敗③高知大1勝2敗④愛媛大3敗

関学大の攻撃を指揮したQB西野(18番)=撮影:山口雅弘
関学大の攻撃を指揮したQB西野(18番)=撮影:山口雅弘

第4クオーター、駄目押しのTDランを挙げた関学大RB中村=撮影:山口雅弘
第4クオーター、駄目押しのTDランを挙げた関学大RB中村=撮影:山口雅弘

力強い走りでオフェンスをリードした島根大RB原田(28番)=撮影:宮本淳一
力強い走りでオフェンスをリードした島根大RB原田(28番)=撮影:宮本淳一

広島大WR井川(18番)のランアフターキャッチ=撮影:宮本淳一
広島大WR井川(18番)のランアフターキャッチ=撮影:宮本淳一

最新記事