メニュー 閉じる

47News

スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

富士通マネジャーはあの「山の神」柏原竜二さん 

2017.10.3 11:22
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
箱根駅伝で活躍し、現在はXリーグ富士通のマネジャーを務めている柏原竜二さん(右)にインタビューする筆者=写真提供・塩田博さん、10月1日・ヤンマーフィールド長居
箱根駅伝で活躍し、現在はXリーグ富士通のマネジャーを務めている柏原竜二さん(右)にインタビューする筆者=写真提供・塩田博さん、10月1日・ヤンマーフィールド長居

 あ、柏原だ―。

 そう、箱根駅伝では4年連続で東洋大学の5区山上りを担当し、「山の神」と呼ばれた、あの柏原竜二さんのことである。

 彼の姿を10月1日、大阪のヤンマーフィールド長居で見た。しかし、陸上とは関係がない。それはアメリカンフットボールの試合だった。

 彼はいま、Xリーグの強豪・富士通フロンティアーズのマネジャーとしてチームのために働いている。

 柏原さんは東洋大を卒業後の2012年に富士通に入社、フルマラソンで日本のトップを目指した。

 15年にはシドニーで初マラソンに挑戦、2時間20分45秒の記録を残している。

 しかし、度重なるけがもあって今年3月いっぱいで陸上部を退部、現役生活にピリオドを打った。

 4月からはそのまま富士通に残り、会社員としての生活がスタートしたのだが、現役引退後、会社からこう申し渡された。「アメフトのフロンティアーズのマネジャーとしてチームをサポートしてください」

 この話をもらった時、柏原は面食らったという。「本当にびっくりしました。それまでアメフトのことは知りませんでしたから」

 まさにゼロからのスタート。それ以来、一つ一つアメリカンフットボールの仕事を覚えていく生活になる。今では競技の魅力にも目覚めた。

 「アメフトは、究極の〝騙し合い〟だと思います。相手の裏をかいて、有利に試合を進める。知れば知るほど、面白いですね。富士通は、ファンダメンタル(基本)を大切にするチームですし、何より選手たちの人間性に魅力があります」

 試合当日も忙しい。富士通には9人のマネジャーがいるが、柏原はチームの荷物の積み降ろしから、サイドラインの準備を手伝い、その合間を縫って私の取材にも対応してくれた。

 試合中もフィールド上で戦況を見守ったが、この日はパナソニック・インパルスのディフェンスが機能し、富士通に手痛いミスが続いて、パナソニックが24対9で勝利。富士通は今季、初めての敗戦を喫した。

 これまで、選手たちのセカンドキャリアを幾例も見てきたが、引退後に違う競技のスタッフに転身する例は珍しい。

 しかし、まだ20代の柏原さんにとっては貴重な経験になりそうだ。

 「極論すれば、陸上は個人の力で強くなれる可能性があります。アメリカンフットボールの場合は、本当にチーム力が試されるんです。そのなかでもスタッフの仕事が重要だということが、半年携わってみて分かりました」

 フィールドでの「いい仕事」が、これから見られるようになるだろう。

生島 淳(いくしま じゅん)のプロフィル

 1967年、宮城県気仙沼市出身、スポーツジャーナリスト。五輪や、米国のプロ、大学スポーツなどを中心に執筆。著書に『箱根駅伝』(幻冬舎新書)など多数。また、メジャーリーグ、広島カープで活躍した黒田博樹投手らの本の構成も担当している。

最新記事