陸上、少年100m男子は関口V 女子は先村、栃木国体第7日

少年男子A100メートル決勝 10秒63で優勝した新潟・関口裕太=カンセキスタジアムとちぎ
少年男子A100メートル決勝 10秒63で優勝した新潟・関口裕太=カンセキスタジアムとちぎ
2022年10月07日
共同通信共同通信

 国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第7日は7日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎなどで行われ、陸上の少年A100メートルで男子は今夏の全国高校総体覇者の関口裕太(東京学館新潟高)が10秒63、女子は高校総体3位の先村若奈(山口・高川学園高)が12秒11で制した。

 成年男子100メートルで7月の世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪・大阪ガス)や柳田大輝(群馬・東洋大)らが順当に8日の決勝に進出。同やり投げはディーン元気(兵庫・ミズノ)が勝った。

 ゴルフ女子は全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(東京・代々木高)が個人4位。東京代表として団体を制した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/