やり投げ北口が公開練習 次戦へ「最大限の調整を」

練習を公開した陸上女子やり投げの北口榛花=東京都世田谷区の日大グラウンド
練習を公開した陸上女子やり投げの北口榛花=東京都世田谷区の日大グラウンド
2022年09月26日
共同通信共同通信

 陸上女子やり投げで世界選手権銅メダルの北口榛花(JAL)が26日、東京都世田谷区の日大グラウンドで練習を公開した。海外転戦から帰国してコンディションが整わず、25日までの全日本実業団対抗選手権を欠場したことを踏まえ「移動疲れもあって体が動かなくなっていたが、徐々に動くようにはなってきた。今できる最大限の調整をしている」と語った。

 今季は週末のアスレチックスチャレンジ杯と国民体育大会の残り2戦を予定。この日は助走の確認や砲丸を投げる練習などをこなし、母校日大の後輩を指導しながら一緒に汗を流した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/