国体、相撲成年は中村が2連覇 栃木大会第3日

相撲成年個人決勝 長崎・松園大成(右)と立ち合う新潟・中村泰輝。寄り切りで破る=栃木県立県北体育館
相撲成年個人決勝 長崎・松園大成(右)と立ち合う新潟・中村泰輝。寄り切りで破る=栃木県立県北体育館
2022年10月03日
共同通信共同通信

 国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第3日は3日、栃木県立県北体育館などで行われ、相撲の成年個人は中村泰輝(新潟・日体大)が制し、前回開催の3年前に続く2連覇を果たした。昨年の全日本選手権の優勝と合わせて、大相撲の幕下10枚目格付け出し資格を得た。成年団体は中村らの新潟が5連覇。

 特別競技の高校野球硬式準決勝では今春の選抜大会を制した大阪桐蔭が今夏の全国選手権準優勝の下関国際(山口)を破った。聖光学院(福島)は国学院栃木を下した。

 レスリングのフリースタイル少年男子60キロ級は西内悠人(高知南高)が優勝。女子53キロ級は奥野春菜(埼玉・自衛隊)が制した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/