「横綱玉の海展」郷里愛知で開催 遺品の人物画、まげ公開

開幕した「横綱玉の海展」を訪れた玉鷲(右)=2日午前、愛知県蒲郡市
開幕した「横綱玉の海展」を訪れた玉鷲(右)=2日午前、愛知県蒲郡市
2022年10月02日
共同通信共同通信

 大相撲で全盛期の1971年10月に27歳の若さで急逝し「悲劇の横綱」と呼ばれる玉の海(本名谷口正夫)の没後半世紀を記念する「横綱玉の海展」が2日、郷里の愛知県蒲郡市で開幕した。

 母校蒲郡中の同級生らが実行委員会を立ち上げ主催。蒲郡市博物館内の会場には、少年時代などの貴重な写真や遺品など約90点を展示。最近発見された「Tamanoshima」(玉乃島=大関までのしこ名)のサインが入った人物画や、葬儀の際に切り取った本人のまげも並ぶ。

 同級生の荒島伸好さんは「玉の海の名を永遠に残していきたい」と感慨深げに話す。

 展示会は8日まで(3日は休館)。入場無料。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/