玉鷲が13勝2敗で平幕優勝 37歳最年長、2度目の賜杯

高安(左)を押し出しで下し、優勝を果たした玉鷲=両国国技館
高安(左)を押し出しで下し、優勝を果たした玉鷲=両国国技館
2022年09月25日
共同通信共同通信

 大相撲秋場所千秋楽(25日・両国国技館)平幕玉鷲が高安を押し出し、13勝2敗で2度目の優勝を果たした。37歳10カ月での制覇は年6場所制となった1958年以降で最年長。21場所ぶりの賜杯で、史上5番目に長い間隔が空いた。初優勝を逃した高安は11勝4敗。

 関脇以下で2度優勝は2020年7月場所の照ノ富士以来9人目。平幕優勝は先場所の逸ノ城に続く35度目となった。1場所15日制が定着した49年夏場所以降で初の4場所連続12勝以下の優勝は免れた。

 貴景勝は正代との大関対決を制して10勝5敗。正代は4勝11敗で来場所は5度目のかど番。御嶽海も4勝11敗だった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/