森保監督ら帰国の途へ 日本W杯16強、今夜会見

宿舎を出て、バスに乗り込む森保監督=6日深夜、ドーハ(共同)
宿舎を出て、バスに乗り込む森保監督=6日深夜、ドーハ(共同)
2022年12月07日
共同通信共同通信

 【ドーハ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝トーナメント1回戦で敗退して16強に終わった日本代表の森保一監督らが7日、ドーハの宿舎を出発して帰国の途に就いた。日本に到着した後の同日夜に、森保監督は日本サッカー協会の田嶋幸三会長や反町康治技術委員長とともに記者会見する。

 日本は5日にクロアチアと対戦し、延長を終えて1―1からのPK戦で1―3と屈し、目標に掲げていたベスト8以上に届かなかった。チームは6日に解散し、一部の海外クラブ所属の選手は、そのまま渡欧。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/