W杯、日本は賞金17億8千万円 16強で前回より増額

PK戦の末、クロアチア(左)に敗れ、肩を落とす日本イレブン=アルワクラ(共同)
PK戦の末、クロアチア(左)に敗れ、肩を落とす日本イレブン=アルワクラ(共同)
2022年12月06日
共同通信共同通信

 【ドーハ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で5日の決勝トーナメント1回戦で敗退した日本は、賞金1300万ドル(約17億8100万円)を受け取る。同じくベスト16だった前回ロシア大会の1200万ドルから100万ドル増となった。参加費の150万ドルは変わらない。

 今大会の賞金総額は4億4千万ドルで、優勝は前回より400万ドル増の4200万ドル。準優勝は3千万ドル、ベスト8は1700万ドルで、1次リーグで敗退したチームには900万ドルが与えられる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/