日本、1―1で延長へ 8強懸けたクロアチア戦

日本―クロアチア 延長前半の開始前に円陣を組む日本代表=アルワクラ(共同)
日本―クロアチア 延長前半の開始前に円陣を組む日本代表=アルワクラ(共同)
2022年12月06日
共同通信共同通信

 【アルワクラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第16日は5日、ドーハ近郊アルワクラのアルジャヌーブ競技場で決勝トーナメント1回戦が行われ、日本が初の8強進出を懸けて前回準優勝のクロアチアと対戦した一戦は1―1で延長にもつれ込んだ。

 前半に前田大然(セルティック)のゴールで先制したが、後半に追い付かれた。

 7大会連続7度目のW杯出場となる日本は2002、10、18年大会で1次リーグを突破したが、いずれも決勝トーナメント1回戦で敗れて準々決勝に進めなかった。今大会は1次リーグE組で2勝1敗の勝ち点6で首位通過した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/