クロアチア戦で視聴制限の可能性 ABEMA、アクセス集中予想で

インターネット放送局「ABEMA」でサッカーW杯カタール大会の日本戦を観戦する男性=11月27日、東京・渋谷
インターネット放送局「ABEMA」でサッカーW杯カタール大会の日本戦を観戦する男性=11月27日、東京・渋谷
2022年12月04日
共同通信共同通信

 サッカーW杯カタール大会の日本対クロアチア戦(6日午前0時開始)で、インターネットテレビ「ABEMA」が視聴制限をする可能性があることが4日、分かった。運営会社が発表した。

 運営会社は、多くのアクセスが集中することが予想されるとして「快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には入場を制限する場合がある」と説明。視聴を一度、中断すると、それまで視聴できていてもアクセスできなくなる可能性があるという。

 ABEMAはカタール大会の全64試合を無料中継。日本がスペインに勝利した2日には、視聴者数が1700万人超となり、過去最多を更新した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/