山下さん審判員選出「誇らしい」 日本協会の扇谷委員長が評価

ベルギー―モロッコ戦前にベルギーのE・アザール(左)と握手する第4の審判員の山下良美さん=11月27日、ドーハ(ゲッティ=共同)
ベルギー―モロッコ戦前にベルギーのE・アザール(左)と握手する第4の審判員の山下良美さん=11月27日、ドーハ(ゲッティ=共同)
2022年12月01日
共同通信共同通信

 【アルラヤン共同】日本サッカー協会審判委員会の扇谷健司委員長は1日、山下良美審判員が6度目の第4の審判員に選ばれたことについて「6試合も指名されていない人もいる。誇らしい」と述べた。第4審判は、主審が負傷などで続行不可能となった場合、代わって主審を務める任務も持つ。扇谷委員長はワールドカップ(W杯)を視察して帰国。共同通信のオンライン取材に答えた。

 山下審判員は1日までに主審の割り当てはないが、扇谷委員長は「この雰囲気、緊張感は経験しないと分からないし、W杯審判員に選ばれないと経験さえできない」と成果を強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/