日本逆転、強豪ドイツから金星 W杯、8強へ最高のスタート

日本―ドイツ 後半、決勝ゴールを決める浅野拓磨(右)=23日、ドーハ(AP=共同)
日本―ドイツ 後半、決勝ゴールを決める浅野拓磨(右)=23日、ドーハ(AP=共同)
2022年11月24日
共同通信共同通信

 【ドーハ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第4日は23日、ドーハのハリファ国際競技場などで1次リーグが行われ、E組の初戦で世界ランキング24位の日本が、同11位で優勝4度の強豪ドイツを2―1で破る金星を挙げた。GK権田修一の反則からのPKで先制を許し、前半を0―1で折り返したが、後半に堂安律、浅野拓磨のゴールで逆転。番狂わせを演じる最高のスタートを切った。

 ドイツからは初勝利で、通算成績は1勝1分け1敗。W杯で優勝経験国と対戦するのは3度目で、初めて勝った。

 日本は7大会連続7度目の出場で、海外のクラブに所属する選手は史上最多の19人。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/