メニュー 閉じる

47News

スポーツ

スポーツ

南米3大統領がW杯に立候補表明 30年のサッカー、共催目指し

2017.10.5 9:08 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)

2030年のサッカーW杯共催を目指す南米の3大統領。左から2人目がアルゼンチンのマクリ大統領。右へパラグアイのカルテス大統領、ウルグアイのバスケス大統領。左端はFIFAのインファンティノ会長=4日、ブエノスアイレス(アルゼンチン大統領府提供、AP=共同)

 南米のアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの大統領は4日、ブエノスアイレスの大統領府で共同声明を発表し、2030年サッカーワールドカップ(W杯)の共催を目指すと表明した。アルゼンチンのマクリ大統領 ... [記事全文]

関連記事一覧