メニュー 閉じる

47News

スポーツ

スポーツ

強打の人気王者が相次いで引退 スーパーフェザー級の内山高志と三浦隆司

2017.8.15 10:06
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年1月、WBAスーパーフェザー級タイトルマッチで、三浦隆司(右)にパンチを浴びせる内山高志=有明コロシアム

2011年1月、WBAスーパーフェザー級タイトルマッチで、三浦隆司(右)にパンチを浴びせる内山高志=有明コロシアム

 持ち前の強打で人気を集め、スーパーフェザー級の頂点に立った内山高志(ワタナベ)と三浦隆司(帝拳)が相次いで現役引退を発表した。  ともに破格の一発を持ち、海外からの評価も実に高かった。しかし、盛者 ... [記事全文]