メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

けが、ウイルス禍乗り越え五輪狙う 競泳男子自由形・石崎慶祐(長岡大手高出)

2021.1.17 15:11 新潟日報
「徐々に調子は上がっているが、甘くない世界。覚悟を持って練習している」と語る石崎=1月、新潟市西区

「徐々に調子は上がっているが、甘くない世界。覚悟を持って練習している」と語る石崎=1月、新潟市西区

 競泳男子自由形で200メートルの県記録を持つ石崎慶祐(日大・長岡大手高出)が、今夏の東京五輪出場へ進化を模索している。2020年はけがやウイルス禍に苦しめられたが、力強く乗り越えた。

関連記事 一覧へ