メニュー 閉じる
スポーツ

スポーツ

トライアスロン 明石市出身の本多晴飛 困難を乗り越え国内2位 不屈の19歳

2019.4.26 16:31 神戸新聞
病気と不登校を乗り越え、トライアスロンで活躍する本多晴飛。来年の東京五輪後の2024年パリ大会を目指す=明石市内

病気と不登校を乗り越え、トライアスロンで活躍する本多晴飛。来年の東京五輪後の2024年パリ大会を目指す=明石市内

 水泳、自転車、ランニングで争うトライアスロンのホープとして注目を集める兵庫県明石市出身の本多晴飛(はるひ)がこの春、強豪の日本体育大に進学した。かつて長距離ランナーとして活躍した19歳は病気や不登校 ...

関連記事 一覧へ