メニュー 閉じる
スポーツ

スポーツ

高校野球 春季東北大会 成功必ず夏に生きる 弘前学院聖愛の原田一範監督

2019.6.13 11:21 河北新報
[はらだ・かずのり]弘前工高時代は三塁手。卒業後は弘前医療福祉短大に通いながら、母校でコーチを務めた。弘前市内の介護施設職員などを経て2001年から弘前学院聖愛の監督。13年夏に甲子園初出場を果たした。同校の事務職員をしながら、部員と寮生活を送る。日大通信教育学部卒。五所川原市出身。41歳。

[はらだ・かずのり]弘前工高時代は三塁手。卒業後は弘前医療福祉短大に通いながら、母校でコーチを務めた。弘前市内の介護施設職員などを経て2001年から弘前学院聖愛の監督。13年夏に甲子園初出場を果たした。同校の事務職員をしながら、部員と寮生活を送る。日大通信教育学部卒。五所川原市出身。41歳。

 第66回春季東北地区高校野球大会で初優勝を果たした弘前学院聖愛(青森)の原田一範監督に、大会で得た手応えや夏に向けた抱負を聞いた。 -2年ぶり6度目の出場で初の栄冠をつかんだ。 「一人一人が意識を高 ...

関連記事 一覧へ