日本、事実上1次リーグ敗退 バスケット女子W杯

日本―フランス 第1クオーター、競り合う渡嘉敷(右)=シドニー(共同)
日本―フランス 第1クオーター、競り合う渡嘉敷(右)=シドニー(共同)
2022年09月26日
共同通信共同通信

 【シドニー共同】バスケットボール女子のワールドカップ(W杯)第5日は26日、シドニーで行われ、1次リーグB組第4戦で世界ランキング8位の日本は同6位のフランスに53―67で敗れた。日本は1試合を残して1勝3敗の勝ち点5にとどまり、1次リーグ敗退が事実上決まった。

 1次リーグは6チーム中、1~4位が準々決勝に進む。国際連盟の規定でリーグ戦の勝ち点は勝ち2、負け1、没収試合0。B組は3勝1敗のカナダ、フランス、オーストラリアが勝ち点7で、最終戦に出れば同8以上で日本は上回れない。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/