メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

車いすバスケ男子代表 元東電社員の主将 震災に翻弄も二度のパラリンピック出場 「みんなを笑顔に」東京大会にかける思い

2021.3.1 12:17 東京新聞
2019年8月の国際試合で得点を決める豊島英選手(手前)=武蔵野の森総合スポーツプラザで

2019年8月の国際試合で得点を決める豊島英選手(手前)=武蔵野の森総合スポーツプラザで

 車いすバスケットボール男子日本代表の主将、豊島英選手(32)は10年前のあの日、東京電力福島第一原発にいた。故郷の福島を襲った震災。コロナ禍で1年延期になった東京パラリンピック。天災と感染症。自らの ...

関連記事 一覧へ