×
メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

9月19日ヤクルト戦 12安打で1点、11残塁の拙攻

2021.9.20 10:33 中国新聞
七回、広島2死一、二塁、見逃し三振に倒れベンチに引き揚げる鈴木(左)。右は佐々岡監督

七回、広島2死一、二塁、見逃し三振に倒れベンチに引き揚げる鈴木(左)。右は佐々岡監督

 打線は12安打を放ちながら、決定打を欠いた。七回1死一、二塁では西川、鈴木が連続三振。九回1死一、三塁は小園が三振に倒れ、西川は左飛に打ち取られた。11残塁1得点の拙攻に、佐々岡監督は「得点圏に進ん ...

関連記事 一覧へ