メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

陸上日本一→アメフト→六大学で盗塁王 東大に現れた異色すぎる男

2021.7.1 13:11 下野新聞
東大の「足の切り札」として活躍する阿久津選手。アメフトから転身した韋駄天が俊足でチームをけん引している=5月23日、明治神宮野球場(東大野球部提供)

東大の「足の切り札」として活躍する阿久津選手。アメフトから転身した韋駄天が俊足でチームをけん引している=5月23日、明治神宮野球場(東大野球部提供)

 東京六大学野球リーグに異色の経歴を持つ盗塁王が誕生した。東京大3年で宇都宮高出身の阿久津怜生(あくつれお)外野手(21)だ。アメリカンフットボール部から転部し、“神宮デビュー&rdquo ...

関連記事 一覧へ