カブス鈴木が戦列復帰 父親リストで一時帰国

産休制度「父親リスト」などに入っていたが復帰し、練習中に笑顔を見せるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
産休制度「父親リスト」などに入っていたが復帰し、練習中に笑顔を見せるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
2022年09月28日
共同通信共同通信

 【シカゴ共同】米大リーグ、カブスは27日、産休制度「父親リスト」などに入り戦列を離れていた鈴木誠也外野手が復帰したと発表した。同日のシカゴでのフィリーズ戦は先発から外れた。

 新体操で五輪に出場した畠山愛理さんと2019年に結婚した鈴木は17日に父親リスト入り。日本に帰国し、男児の出産に立ち会った。フィリーズ戦前に取材に応じ「最初は1人で自分のために頑張っていたが、奥さんができて家族になり、子供を授かった。もっと頑張らないといけないなという思いになった」と話した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/