DeNA今永は1億4千万円更改 好成績も「最低限の最低限」

契約更改交渉を終え、色紙を手に撮影に応じるDeNAの今永=8日、横浜市
契約更改交渉を終え、色紙を手に撮影に応じるDeNAの今永=8日、横浜市
2022年12月08日
共同通信共同通信

 DeNAの今永昇太投手が8日、横浜市の球団事務所で契約更改交渉し、4千万円増の年俸1億4千万円でサインした。今季は左前腕のけがで出遅れたが、6月に無安打無得点試合を達成するなど巻き返して3年ぶりに規定投球回に到達。11勝4敗、防御率2.26と好成績を残したが「最低限の最低限の最低限ぐらいの数字だと思う」と満足した様子はなかった。

 11月の日本代表の強化試合に出場し、来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場も期待される。「もし選ばれれば、周りからリスペクトの気持ちを持って見てもらえるプレーをしないといけない」と話した。(金額は推定)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/