プロ野球選手会が定期大会 立場改善へ、特別委に直接参加

2022年12月05日
共同通信共同通信

 労働組合・日本プロ野球選手会は5日、大阪市内で定期大会を開き、球団との契約における選手の立場改善を目指して日本野球機構(NPB)との間に設置した特別委員会に、選手も直接参加していくことを決めた。

 第1回特別委員会は早ければ年内の実施を目指し、FA権の取得年数を国内、海外一律で6年に短縮、人的補償の廃止、故障などを理由に多発する育成選手契約の見直しなどを求める。これまでNPBとの交渉には事務局の担当者が出席し、選手の参加は限られていた。選手会長の会沢翼捕手(広島)は「選手が主役となって委員会に参加し、発言し、一致団結して戦っていくことが重要」と語った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/