ソフトバンクが新入団選手を発表 イヒネ内野手「結果にこだわる」

ソフトバンクの新入団選手発表であいさつする、ドラフト1位のイヒネ・イツア内野手。左は藤本監督=5日、福岡市
ソフトバンクの新入団選手発表であいさつする、ドラフト1位のイヒネ・イツア内野手。左は藤本監督=5日、福岡市
2022年12月05日
共同通信共同通信

 ソフトバンクは5日、福岡市内で育成を含む20選手の新入団発表を行い、ドラフト1位のイヒネ・イツア内野手は「結果にこだわってやっていく」と語った。3位の甲斐生海外野手は登録名が「生海」となる。新入団選手は次の通り。

 【ドラフト】1位 イヒネ・イツア内野手▽2位 大津亮介投手▽3位 甲斐生海外野手▽4位 大野稼頭央投手▽5位 松本晴投手▽6位 吉田賢吾捕手

 【育成】赤羽蓮投手、山下恭吾内野手、木村光投手、内野海斗投手、岡植純平投手、佐々木明都投手、水口創太投手、宮崎颯投手、重松凱人外野手、前田純投手、佐藤航太内野手、飛田悠成投手、西尾歩真内野手、盛島稜大捕手

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/