西武の平良、先発転向認められる 契約更改、WBCは辞退の意向

2度目の交渉で先発転向が認められ、契約更改後、笑顔で記者会見する西武の平良=4日、埼玉県所沢市
2度目の交渉で先発転向が認められ、契約更改後、笑顔で記者会見する西武の平良=4日、埼玉県所沢市
2022年12月04日
共同通信共同通信

 西武の平良海馬投手が4日、埼玉県所沢市の球団事務所で2度目の契約交渉に臨み、球団から先発転向が認められて、前回と同じ提示額となる7千万円増の年俸1億7千万円で更改した。2日の交渉では起用法を巡り保留していた。記者会見で「来年からやらせていただけることになった」と笑顔で話した。

 先発調整に専念するため来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出されても辞退する意向を示し「まずはライオンズに貢献したい」と語った。

 渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「先発を1枠空けるつもりはなく他の投手と競争になる」と話した。(金額は推定)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/