楽天・石井監督、来季は監督専任 GM職離れる、指揮に全力

楽天の石井一久監督
楽天の石井一久監督
2022年12月04日
共同通信共同通信

 楽天のゼネラルマネジャー(GM)を兼ねる石井一久監督が来季はGM職を離れて監督に専任することが4日、分かった。2018年9月にGMに就任し、昨季から異例の“全権監督”に就いていた。

 来季は10年ぶりの優勝と日本一へ、グラウンドでの指揮に全力を注ぐ。石井監督は球団を通じ「今までも1勝でも多く積み重ねること、チームが勝つことを考えてきたが、アプローチを変え、来シーズンに臨むことを決めた」とコメントした。

 GMとしては米大リーグから復帰した田中将大投手、国内フリーエージェント(FA)で加入した浅村栄斗内野手と鈴木大地内野手の補強に成功した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/