全試合出場の丸は4.5億 中田は3億円で3年契約

契約更改を終え、色紙を手に撮影に応じる巨人・丸=2日、東京都内(球団提供)
契約更改を終え、色紙を手に撮影に応じる巨人・丸=2日、東京都内(球団提供)
2022年12月02日
共同通信共同通信

 巨人の丸佳浩外野手が2日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5年契約の最終年となる来季を現状維持の年俸4億5千万円でサインした。チームで唯一の全試合出場を果たし、打率2割7分2厘、27本塁打を記録したがオンライン記者会見で「納得は一つもしていない。どう改善していくのか、オフに突き詰めてやっていけたら」とさらなる活躍を期した。

 中田翔内野手は2倍増の年俸3億円で新たに3年契約を結んだ。今季は途中から4番を打って68打点を挙げ、来季へ「全試合に出られるように頑張りたい」と意気込んだ。(金額は推定)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/