中日の小笠原は3000万円増 7年目で自己最多10勝

契約交渉を終え、記者会見する中日の小笠原=28日、名古屋市
契約交渉を終え、記者会見する中日の小笠原=28日、名古屋市
2022年11月28日
共同通信共同通信

 中日の小笠原慎之介投手が28日、名古屋市の球団事務所で契約交渉に臨み、3千万円増の年俸6600万円で更改した。7年目で自己最多の10勝(8敗)を挙げ、大野雄、柳とともに先発の軸を担った。自身2度目の開幕投手に意欲を見せ「勝ち頭だし、やらないといけないのかなと思う。こいつで行くと言ってもらえるような状態にしたい」と力強く話した。

 今季は22試合に登板し、防御率2.76。2年連続で規定投球回数に到達したが、開幕直後に新型コロナウイルスに感染し、再調整を強いられた。「すぐに離脱したので悔しい。完走できるようにやりたい」とフル回転を誓った。(金額は推定)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/