日本ハムの新庄監督、来季も続投 球団と正式に契約合意

最終戦を終え、ファンに手を振る日本ハム・新庄監督=2日、ベルーナドーム
最終戦を終え、ファンに手を振る日本ハム・新庄監督=2日、ベルーナドーム
2022年10月06日
共同通信共同通信

 日本ハムは6日、新庄剛志監督(50)と契約更新で合意し、来季の続投を正式に発表した。契約は1年。新庄監督は9月28日のロッテ戦後に、来季も指揮を執ることを表明していた。

 就任1年目の今季は故障者を除く全支配下選手を1軍で起用して戦力の底上げに専念。59勝81敗3分けで9年ぶりの最下位に沈んだが、松本剛が初の首位打者に輝き、清宮幸太郎も自己最多の18本塁打を放つなど伸び悩んでいた選手の成長も多く見られた。

 川村浩二球団社長は「最下位という結果でファンに大変悔しい思いをさせたが、来季は勝負に徹しきるという固い決意も確認し、チームの指揮を要請した」とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/