村上、日本選手最多56号 64年の王抜き、単独2位

DeNA戦の7回、今季56号本塁打を放つヤクルトの村上宗隆。王貞治の55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した=3日、神宮球場
DeNA戦の7回、今季56号本塁打を放つヤクルトの村上宗隆。王貞治の55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した=3日、神宮球場
2022年10月03日
共同通信共同通信

 プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が3日、神宮球場で行われたレギュラーシーズンの今季最終戦で56号本塁打を放ち、1964年に王貞治(巨人)がマークした55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した。外国人選手を含めて歴代単独2位。

 55本塁打は王が58年前に当時のプロ野球記録として到達。2001年にローズ(近鉄)、02年はカブレラ(西武)が並んだが、13年のバレンティン(ヤクルト)まで誰も超えることができなかった。

 熊本・九州学院高からドラフト1位で18年に入団。2年目に新人王、4年目の昨季は初の本塁打王とセ・リーグ最優秀選手に輝いた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/