辞任の広島・佐々岡監督が会見 「覚悟して臨んだ」

辞任の記者会見をする広島・佐々岡監督=3日、マツダスタジアム
辞任の記者会見をする広島・佐々岡監督=3日、マツダスタジアム
2022年10月03日
共同通信共同通信

 今季限りでの辞任を表明していた広島の佐々岡真司監督(55)が3日、マツダスタジアムで記者会見し「今年は結果が出なければ辞める覚悟で臨んだ。Aクラス争いは続いていたが、ヤクルト優勝の翌日(9月26日)に球団に伝えた」と決断の経緯を明かした。

 佐々岡監督は投手コーチから昇格し、就任1年目の2020年は5位、昨季は4位。今季は終盤までクライマックスシリーズ(CS)進出を争ったが5位に沈んだ。

 3年間に思いをはせ「一体感という言葉を持って就任したが、僕の力ではなかなかできなかった。これだけの戦力がありながらチームを勝たせてあげられなかった」と悔しさをにじませた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/