24年、バレー新リーグ発足へ 地域密着推進など狙い

2022年12月08日
共同通信共同通信

 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)の国分裕之会長は8日、オンライン会見に臨み、2024年10月開幕を目指し、新リーグを発足したい意向を示した。ホームアンドアウェーでの試合開催により地域密着を推進することや、各チームの事業規模を拡大することなどが狙いという。

 現在、Vリーグ加盟チームと協議中で、来年3月に概要を発表する予定。国分会長はチーム名に地域を盛り込むことを検討するとした上で「これまでにない新しい形でのリーグをやろうと思っている。以前から論じてきたが、できなかった。今回は最後のチャンスだと思っている」と語った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/