ABEMA、W杯中継で視聴制限 日本対クロアチア戦

2022年12月06日
共同通信共同通信

 インターネットテレビ「ABEMA」の運営会社は6日、サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対クロアチア戦の中継にアクセスが集中したため、午前0時44分から視聴制限を実施したことを明らかにした。「快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した」と説明した。

 ABEMAは全64試合を無料中継し、注目を集めている。ツイッターでは「ABEMAも頑張れ」や「復旧たのむ」といった書き込みが相次いだ。

 ABEMAは、日本がスペインに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた2日には視聴者数が1700万人超となり、過去最多を更新した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/